大田区蒲田 小児から大人までの矯正歯科専門医院 川崎駅より京浜東北線で1駅

スマホサイト SP PCサイト PC

小児矯正
成長バランスを考える小児矯正

大人の矯正
生涯歯の健康を守る大人の矯正

裏側矯正
見えない矯正・裏側矯正

無料メール相談


ささき矯正歯科facebook

ささき矯正歯科日記(ブログ)

Google+

詳しい診察時間はこちら
診療時間

休診カレンダー

大田区ささき矯正歯科TOP > 矯正について > 矯正治療の時期について

矯正治療の時期について

矯正治療は2段階で治療を進めます

子供の時から矯正治療を行う場合、小児矯正治療(早期矯正治療)、本格矯正治療の順で行うのが主な方法です。小児矯正治療は、乳歯列期・混合歯列期の交換期に行う治療で、症例によって開始時期は異なりますが3~9歳が適応となります。また、本格矯正治療は永久歯が萌出完了した後に行う治療で、11歳ぐらいからが適応となります。

小児矯正矯正治療の目的

子どもの矯正治療の最終目的は、将来の永久歯をきれいな歯並びと噛み合わせにすること。そしてお口の機能を正常にし、美しい口元、顔貌を作り出すことです。
歯の症状の成長には個人差があるので、決まった年齢を示すことはできませんが、最終ゴールに向けてその時の状態から生え変わりはもちろん、体やあごの骨の成長発育も予測していつの時期に何をするべきかの診断を行います。

小児矯正治療のポイント

最終的には、乳歯は全部抜けてしまいますので、見た目だけの歯並びに重点を置いた治療というよりも、以下のことに重点をおいて早期治療を開始します。

① 現在の咬みあわせが、将来のあごの成長のバランスに影響すると考えられる場合。

② 小児矯正治療を行うことにより、本格矯正歯科治療への負担を軽くし、
  治療期間が短くなると考えられる場合。

③ 小児矯正治療を行うことにより、本格矯正の必要がなくなると予想される場合。

④ お口の癖や飲み込みなど機能的に問題がある場合。

治療期間は半年~1年と短期間で行っていきます。
治療後は、あごの成長と歯の生え換わりの経過をみて、本格矯正治療の必要性と時期を見極めていきます。中には、その後の歯の生え変わりの経過が良く、小児矯正治療のみで終わる場合あります。
また逆に、小児矯正治療を行うメリットがない場合、歯の生え変わりが終了するのを待って、本格矯正治療のみで治療する場合もあります。

小児矯正治療と本格矯正治療を施した例

小児矯正治療

本格矯正治療


症例

症例

なぜ矯正治療が必要なのかなぜ矯正治療が必要なのか
子どもの矯正治療のメリット子どもの矯正治療のメリット
子どもの矯正治療のメリット大人でも矯正できるの?
歯並びに影響を与える習癖歯並びに影響を与える習癖
矯正治療の時期矯正治療の時期
矯正治療の流れ矯正治療の流れ
矯正治療の流れ保険適用の矯正治療
費用についてどれくらい費用がかかるの?
受け口(反対咬合・下顎前突)受け口(反対咬合・下顎前突)
出っ歯(上顎前突) 出っ歯(上顎前突)
でこぼこ(叢生) でこぼこ(叢生)
前歯が深く咬みこんでいる(過蓋咬合) 前歯が深く咬みこんでいる(過蓋咬合)
前歯が開いている(開咬)前歯が開いている(開咬)
すき間がみられる(空隙歯列)すき間がみられる(空隙歯列)
口元が出ている(上下顎前突)口元が出ている(上下顎前突)

 

ささき矯正歯科 お問い合わせ